2018.6.28 全国共通がん医科歯科連携講習を受講しました

みなさまこんにちは^ ^

今日は、午後から沖縄県歯科医師会で全国共通がん医科歯科連携講習会を受講してまいりました。

日本人の死因第一位は、がん(悪性新生物)であり、その予防と治療功績を向上させていくことは、国民の願いであり、医療関係者の責務でもあります。

がん対策基本法をもとにがん対策推進基本計画が示され、がん治療に関わるチーム医療推進の一環として医科歯科連携の重要性が明記されています。

がん治療中は、重度の口腔粘膜炎をはじめ、がん治療に起因する口腔領域の合併症により、食事や生きる意欲を妨げ、QOLの低下に繋がるだけでなく、がん治療自体を中止しなければならなくなる場合もあります。

お口の中には数千億から兆個の細菌がいて、その細菌が全身状態に様々な悪影響をあたえます。

口腔ケアを行い、お口の中の細菌をなるべく減らしておくことで、がん治療前・治療中(外科手術や抗がん剤治療や放射線治療)の肺炎などの感染症、口腔合併症を予防・軽減し、がん治療を助ける効果が期待できます。

がん治療後、緩和ケアの際も口腔ケア行うことでQOLの向上にも繋がります。

講習会では、がん治療の実際、がん治療中の歯科治療の実際、がん患者様ご自身のセルフケアのポイントや開業かかりつけ歯科医院での虫歯治療や抜歯治療、歯周病治療のガイドラインを確認することができました。

がん患者さんが安心して口腔ケアを受けていただけるよう、歯科医師・歯科衛生士は責務をもって、これからも知識・技術の研鑽に努めてまいります。

衛生士 キユナ
unnamed

〒901-2126 沖縄県浦添市宮城1丁目36番11号ファミリーマート2階

あなたに最適な治療をご提案します。

MICデンタルクリニック電話番号
診療時間
9:00~13:00
14:00~18:00 × 14:00

16:00

休診日:木曜午後・日曜・祝日  駐車場あり  完全予約制

院内情報を見る

ページトップアイコン