2020.2.18 先日JIADS Perio Follow Seminar in OKINAWAの2日間コースを受講してきました。

皆さまこんばんは。

歯科医師の池村です。

先日JIADS Perio Follow Seminar in OKINAWAの2日間コースを受講してきました。
1日目は各県から臨床の最前線で活躍されている先生方に講演して頂きました。それぞれの先生が貴重な講演をされておりましたが共通して感じましたのが、私たち歯科医師は専門的知識に熟知し理論的思考に基づいた正確な診断、熟練された臨床手技が必要なのは言うまでもありませんが、更に患者さんの個人的・社会的背景を踏まえ口腔内全体を管理し、ひいては全身の健康状態の向上にも貢献するような存在としてあるべきであるということでした。
その治療を実現するためには歯科医院側の医療スタッフだけではなく患者さんの協力が必要です。歯周病の原因や口腔ケア等の歯科の知識、治療に対しての理解、自分のお口の中の事への興味を持って頂くようしっかりした説明と患者さんとスタッフとの信頼関係作りがとても大切だと思います。
患者さんは歯が痛いから歯医者さんに行くというのではなく、また私たち歯科医師も患者さんが訴える部分だけをなくすのではなく、患者さんがこれから過ごしていく何年後、何十年後を見据えてよりQOLの維持及び向上をもたらすよう治療計画を立て、患者さんがご自身のお口の中を管理しやすいよう口腔内の環境を整え、歯科医院側・患者さん側共に協力してお口の環境をより良く守っていく事が求められる時代だと思います。
歯周病は歯が生え始めて幼児期の頃からの歯肉炎に始まり、思春期・女性では妊娠期・出産期・更年期・高齢期などホルモンバランスによりその時期に特有な歯周病が生涯起こり得ます。
また高齢化が進む中、心疾患・糖尿病・脳血管疾患など様々な基礎疾患を持つ方が増えており、一方で口腔内の細菌がこれらの疾患と深く関わっている事が近年の研究でわかってきています。歯周病と糖尿病との相関が有名ですが、心筋梗塞や脳卒中などの虚血性疾患や低体重児早産などにも関連しており歯周病の治療により全身疾患に改善がみられたり予防ができる事が認められています。
こうした知識を患者さんと共有し、また医科の先生方とも連携して一人一人の患者さんの生涯の健康を守る事に貢献できるよう更なる勉学に励んで参りたいと思いました。
2日目は豚の下顎を用いた歯周外科の実習を行いました。豚の組織はヒトと似ており他のインプラントや外科の実習でもよく豚が使われます。歯茎の形を整えたり、骨の再生を促すような材料を組織の中に埋め込んだり、お口の中の他の場所から組織を持ってきて足りない場所に移植したりと様々な術式を複数の先生ご指導のもと、わかりやすく丁寧に教えて頂きました。
普段はゴムの顎模型を使っての練習が多いので豚の組織を使っての実習は貴重でとても勉強になりました。メスでの切り方、術後の痛みがより軽減される組織の扱い方、縫合のコツ等様々なテクニックを学ばせていただきました。
実習で教えていただいたことを自分自身の武器として身につけ、これからの診療に活かしていきたいと思っておりますので宜しくお願い致します。

 

 

〒901-2126 沖縄県浦添市宮城1丁目36番11号ファミリーマート2階

あなたに最適な治療をご提案します。

MICデンタルクリニック電話番号
診療時間
9:00~13:00
14:00~18:00 × 14:00

16:00

休診日:木曜午後・日曜・祝日  駐車場あり  完全予約制

院内情報を見る

ページトップアイコン