一般歯科について

一般歯科にかかる原因は「歯周病」と「虫歯」がほとんど

通常皆様が歯科医院で受ける治療の大半は一般歯科です。
またその主な原因は「歯周病」と「虫歯」です。

歯周病は自覚症状が出た時は遅い病気

歯周病とは、歯を支えている周りの歯茎や顎の骨(歯周組織)に起こる病気で、歯と歯茎の境目(歯周ポケット)から菌が入り込んで炎症を引き起こし、さらには骨を溶かす病気です。

歯周病は自覚症状が少ない病気で、自覚症状が出た時には、歯周病がかなり進行した状態になっていることも多いのが特徴です。

そのため自覚症状が出てからご相談いただいた場合には、治療の選択肢も少なく、歯を残せない事も多い病気なのです。

現代の日本の歯科治療の調査によると歯を失う原因の約70%が歯周病によるものとされています。

 また歯周病は「口臭・糖尿病・心臓病」を悪化させる、さらには「早産」の原因にもなると言われています。

症状例 ・歯がぐらつく・膿が出る・血が出る・歯茎のうずき
歯周組織

成人の「5人に4人」は歯周病

現代の日本の歯科治療の調査によると約80%が歯周病によるものとされています。
その原因は、

原因1
歯磨きの磨き残しによる細菌の繁殖
原因2
ストレスによる免疫の崩れ
原因3
喫煙による免疫力の低下

で引き起こされます。
そこでちゃんと歯みがきが出来ているかチェックする為にも4~6ヵ月ごとの定期健診はとても大切なのです。

成人の「5人に4人」は歯周病

歯周病治療の流れ

咬み合わせ検査(口の中の写真を何枚か撮ります)

歯周ポケット検査(1回目)

・顕微鏡でご自身の歯周病菌を見て頂き、歯周病について説明

・ブラッシング指導

・上下の歯の表面の歯石を取ります。

1週間後
歯周ポケット検査(2回目) 歯周ポケットが4mm以上ある場合
麻酔をして歯ぐきの下の歯石を取ります。
(何ブロックかに分けて行います)
2週間後
歯周ポケット検査(3回目) 歯周ポケットが改善されていなければ歯周外科に進みます。
※歯周組織再生用材料「エムドゲイン(自費)」やGBR治療等ご提案する事もございます。

ビフォーアフター画像

ビフォーアフター画像

むし歯検知液使用で、むし歯の取り残しゼロ

むし歯に侵されている部分は、触った感覚や見た目だけでは分かりにくいものです。
「むし歯(齲蝕:う蝕)検知液」とは、むし歯の部分に塗ると、むし歯部分だけが赤く染まって教えてくれる液で治療上、とても簡単で確実な材料です。

これにより、無駄に歯を削ることがなく、むし歯の取り残しがなくなりますので、当医院では検知液の使用を徹底しております。

また当医院では肉眼に比べて2.5倍に見える「拡大鏡」を使用して虫歯の治療・神経の治療を行っております。

拡大して見ることで、緊密な詰め物を施したり、歯の形を整えたりなど治療の精度・正確さを追求しております。

歯検知液使用 虫歯の治療・神経の治療

むし歯が小さいなら「白いつめもの」

虫歯の範囲が小さい場合は、白いつめもので治すことが可能で、光で固めるので1日で治療が終わります。

歯と歯の間をつめる場合は、材料が隣の歯につかないようにしながら、歯の丸みを再現する必要があります。
当院では、”ウェッジ”や”クランプ”という歯と歯の間を離開し、丸みを再現出来る器具を使用して確実なつめものの治療をしています。

白いつめもの

歯ぐきとの境目が削れてたら「くさび状欠損」

くさび状欠損とは、歯と歯茎の境目が削れている状態で、見た目の問題や、冷たいものがしみるなどの知覚過敏の症状も出てくる可能性があります。

噛み合わせの力が原因で起こることが多く、睡眠中の歯ぎしりや喰いしばりなど、上下の歯が強く接触することにより歯にたわみが発生し、構造的に脆いエナメル質と象牙質の境目が細かく欠けてしまうのです。

治療では、白い詰め物を施しますが歯と歯茎の境目は水分が多く、欠けている部分が歯茎の中まで及んでいることもあるので、細い綿糸で歯茎を圧排してから、確実に詰め物をしております。

くさび状欠損

深い虫歯、歯の外傷なら「根管治療」

根管治療とは、細菌に感染してしまった神経を除去し、歯の中を無菌にして、神経の代わりになる補填材を入れる治療です。

根管治療はとても難しく、完全に細菌を取り除くことができなければ後からトラブルが出てきたり、最悪の場合は抜歯になってしまうこともあります。

根管治療

治療成功率を上げる「ラバーダム」

ラバーダムとは、根管治療の際に歯に装着するゴムのシートのようなものです。口の中には細菌が沢山いるので治療中に唾液が神経の管の中に入らないよう防ぐために非常に重要なものです。

ラバーダムには保険点数がないので、使っても使わなくても料金は同じです。

ただ、丁寧に治療を行おうとする場合にはラバーダムが必要となるケースが多いのです。

当医院ではラバーダムをかけられる歯には必ずラバーダムを付け、消毒後はセメントで仮蓋をし、唾液の侵入を防いでいます。

ラバーダム

治療中の確認は「レントゲン」

根管は歯の種類によって本数も形も様々で、手探りの作業になるため、当医院では、根管の本数と長さ太さをレントゲンで確認しています。

何回かの消毒後、根管内がきれいな状態で、根の先まで神経の代わりになる補填材を入れて根管治療は終了なので回数がかかります。

レントゲン

治療後は、被せ物の土台(コア)作り

根管治療後は、被せ物を作る為の土台を作り取り付けます。土台(コア)の材質には、金属やプラスチック、グラスファイバーなどがあります。

また、部分矯正によって歯を挺出する(歯を引っ張り上げる)事で、伸びた歯に対して被せ物をして歯を残す事が可能になる場合もあります。

「被せ物」については、「補綴治療」にて詳しく説明しています。

被せ物をつくるための工程

アゴ関節の痛み、関節が鳴る、
口が大きく開かないは「顎関節症」かも!?

アゴを動かした時の関節の痛み、関節が鳴る、口が開かないなどの障害総称を顎関節症といいます。慢性的な疾患で主に咬合異常や精神的ストレス習癖などが起因しています。

原因1
生活習慣
原因2
歯並び、かみ合わせ(咬合)
原因3
ストレス
原因4
頚椎の以上
原因5
筋肉の緊張
顎関節症

治療内容

問診・触診・顎のレントゲン検査や、模型を作って噛みあわせを念入りに調べた後、治療には薬を使用したり、顎の関節の負担を軽くするために、スプリントというマウスピースのような装置を使用したりします。

スプリントにはいろいろな形状があり、治療の初期に使用する、スタビライゼーション型と呼ばれるものから、リポジショニング型と呼ばれる下顎の位置を積極的に誘導するもの等、症例によって使い分けております。

スプリント治療の後に、必要であれば、”咬合再構成”と呼ばれている被せものや歯の移動による矯正治療によって、安定した噛みあわせを再構築します。

治療内容

生活習慣改善で再発防止

顎関節症の多くは、長い時間の悪い生活習慣により、アゴまわりに負担が蓄積され故障を訴えます。
こうしたことから顎関節症は生活習慣病とも言えます。

顎関節症の再発防止のためにも、以下の内容を確認し、思い当たるところは改善していきましょう。

1.顎運動のリハビリとして、顎をいたわりながら食べ物を奥歯でゆっくり噛んで食べる、片側咀嚼をしない、食事中に水やお茶を飲まない。

2.症状を悪化させない為に、顎を鳴らして遊ばない、硬い物を無理して噛まない、顎の痛くなる開け方をしない、歯ぎしりやかみしめ、アゴを押さえる等の習癖は止める。

3.頬杖をつく、顎を前に出す、日中の歯ぎしり等の口腔習癖を止め、姿勢を良くする

4.くよくよせず適度の気晴らしをしてストレスをためない。

口腔外科治療とは

口腔外科治療とは1.抜歯、2.粘膜の付着異常の小手術(小帯切除)を指しております。

事前にレントゲン撮影と当日の注意事項を説明し、必要な場合には顎の神経との距離を見る為にCT撮影をしてから抜歯します。(保険適用)

口腔外科治療

補綴治療とは

補綴とは歯が無くなった部分に、その歯の代わりとするクラウン、ブリッジ、義歯(入れ歯)を入れる治療の事を指しています。

材質によって保険適用内と保険外の物がございます。

もし「噛めるまで回復したい」方はインプラント治療もございます。

補綴治療

補綴治療の流れ

上下の歯の型をとり、模型をつくる

咬み合わせの位置を記録するため、上下の歯型をとり、模型をつくります。

咬み合わせを再現する器械に模型を取り付け、位置や大きさなどを確認しながら、被せものを製作します。

補綴治療の流れ

被せ物を最終調整

咬み合わせを調整しながら製作した被せ物を、実際歯に合わせて最終調整します。

調整後、専用の接着剤でぴったりくっつけ治療は完了です。

※被せ物の材質には、保険内の金属から、保険外のセラミックなどがあります。

被せ物を最終調整

〒901-2126 沖縄県浦添市宮城1丁目36番11号ファミリーマート2階

あなたに最適な治療をご提案します。

MICデンタルクリニック電話番号
診療時間
9:00~13:00
14:00~18:00 × 14:00

16:00

休診日:木曜午後・日曜・祝日  駐車場あり  完全予約制

院内情報を見る

ページトップアイコン